SCROLL

【祝】令和元年

美濃吉旬だより

6月「活若鮎塩焼き」「賀茂茄子田楽」
6月

旬の素材がもつ味わいを存分に引きだす今が旬 京料理の逸品

京の初夏の風物詩、若鮎。嵐山では保津川の鮎の解禁に合わせて、新緑の中で若鮎の炭焼きを試食する「嵐山 若鮎祭」が催されます。料亭では塩焼き、背越し、風干しとさまざまな調理法で楽しみますが、まずは食通好みの「活若鮎塩焼き」で一献を。若鮎に踊り串を打って塩をふり、頭までしっかりと焼き上げます。「賀茂茄子田楽」は、揚げ焼きにした賀茂茄子に二色の秘伝の炊き味噌をぬり、香ばしくあぶったとろけるような食感が身上。

  • 伏見唐辛子 トマト  賀茂茄子、茄子 万願寺唐辛子

  • 木の芽

  • 雲丹

4月~6月

京都では、桜が散ると筍の季節を迎えます。「美濃吉」にも、筍の木の芽焼き、若竹煮、桜鯛と炊く鯛筍、田楽、筍ご飯のほか、各調理長が趣向を凝らした筍料理が登場します。筍と山椒(木の芽)は「出合いもん」といわれ、これはお互いの持ち味を生かし合う、相性のよい素材のこと。成分の九割以上が水分、ということもあり、筍はさまざまな素材との取り合わせに妙味があります。上手に料理された京筍は、わずかな固形分に独特の歯ごたえと味わいが凝縮され、食した人は皆、春の美菜の喜びに満たされます。春から夏にかけての京野菜は、伏見・万願寺唐辛子、賀茂茄子、トマトなど、色も形も美しく、ビタミン豊富なものばかり。家伝の味噌を塗って焼く賀茂茄子の田楽は、京の初夏を代表する名物料理です。魚介類は、多くの調理法のある鯛、鯉の洗いや鯉濃汁で楽しむ川魚代表の鯉、塩焼きにかぶりつくのが楽しみな若鮎に続き、雲丹が旬を迎えます。雲丹は淡路島・由良産のものが日本一美味とされ、酒肴として尊ばれます。粋人も賞賛するこの雲丹は、芳醇な甘みとすっきりとした後味が特長です。

Kyoto Cuisine Restaurant竹茂楼Takeshigero

本店 竹茂楼
結婚披露宴

竹茂楼の
おとりよせ

こだわりの逸品を揃えたオンラインショップ。
大切な方へのご贈答にもおすすめです。

お料理教室

伝統の京懐石をご家庭でも簡単にお作り
頂ける〝コツ〟を調理長がお教えします。

美濃吉
アイス

さっぱりさわやか、和菓子のような
アイスクリームができました。

Instagram@minokichi.official

京懐石 美濃吉

Copyright © Minokichi All Rights Reserved.
〒605-0032
京都市東山区柚之木町 353-18
Copyright © Minokichi All Rights Reserved.