Scroll

初夏を告げる新緑の竹林を愛でながら

  伝承の川魚料理に心踊る至福の時間

美濃吉旬だより

5月:名物 鯉濃汁
5月

旬の素材がもつ味わいを存分に引きだす今が旬 京料理の逸品

京料理の料理人がもっとも力を入れる献立に椀物があります。四季の行事にちなんだものや、旬の食材を主役にした椀など、「美濃吉」名物の椀も伝承の技と作り手の創意工夫によって生まれてきました。その中でも「一度食べたら忘れられない」と言われているのが、白味噌仕立ての「鯉濃汁」。端午の節句にちなんだ縁起物の鯉は、おろして骨切りし、花を咲かせるように素揚げするのが川魚自慢の技です。鯉のあらでとっただしが、味に深みをあたえています。

  • 賀茂茄子

  • 花山椒

  • 伏見唐辛子

4月~6月

肥沃な土壌と豊かな水源、農家の高い栽培技術によって進歩を重ねた京野菜は、その季節にしか味わえないのが身上です。春の風物詩、筍は新鮮さが命。朝掘りの品が料亭の厨房に届くと素早く調理され、木の芽焼き、若竹煮、筍ご飯などで賞味されます。筍料理に欠かせない山椒は春先の若葉を木の芽、五月になると花山椒、花が終わると実山椒として季節ごとに使い分けます。希少な花山椒は鍋物などに用いられ、独特の辛味が魅力の実山椒は、「竹茂楼のおとりよせ」の「うなぎ姿ずし」「湯葉ちりめん」でも活躍。初夏の風物詩は田楽でおなじみの賀茂茄子です。丸く大きく、煮炊きしても形が崩れず、揚げても焼いても美味です。伏見唐辛子は江戸時代からの身近な京野菜で、柔らかく辛味が少なく、さっと焼いてかつお節と醤油をかけるだけで、元気の出る一品に。川魚料亭として精進してまいりました「美濃吉」には、数々の川魚料理の名品があります。初夏の川魚の王者、鯉は、伝来の鯉濃汁、洗い、旨煮。清流の女王、鮎は、塩焼き、踊り揚げ、背越し、鮎ずし、鮎ご飯など。滋養に富んだ京野菜と川魚には、美味しさだけでなく、免疫力のアップも期待できます。

Kyoto Cuisine Restaurant竹茂楼Takeshigero

本店 竹茂楼
結婚披露宴

竹茂楼の
おとりよせ

こだわりの逸品を揃えたオンラインショップ。
大切な方へのご贈答にもおすすめです。

お料理教室

伝統の京懐石をご家庭でも簡単にお作り
頂ける〝コツ〟を調理長がお教えします。

美濃吉
アイス

さっぱりさわやか、和菓子のような
アイスクリームができました。

Instagram@minokichi.official

京懐石 美濃吉

Copyright © Minokichi All Rights Reserved.
〒605-0032
京都市東山区柚之木町 353-18
Copyright © Minokichi All Rights Reserved.