SCROLL

創業300有余年

美濃吉旬だより

10月/焼物盛合せ
10月

旬の素材がもつ味わいを存分に引きだす今が旬 京料理の逸品

日本料理において刺身、煮物と並ぶ重要な調理法である焼物。絶妙な加減の焼き目のおいしさは、山海の幸が豊かに出そろう秋の楽しみでもあります。中でも、十月に盛りを迎える「焼松茸」の香り高い風味と歯触りは絶品。さらに、甘鯛は京料理に欠かせない高級魚。「甘鯛柚庵焼き」は、甘鯛の切り身を酒、みりん、醤油、柚子の輪切りを合わせたつけ地に漬けて香ばしく焼き上げ、吹き寄せ盛りにして供します。

  • ずわいがに

  • 聖護院大根、九条ねぎ、小かぶ、海老芋

  • すだち

10月~12月

秋から冬の京野菜は、盆地特有の霜、時雨、寒さによって、旨み、甘みが増し、数々の名物料理の素材として尊ばれてきました。丸くて大きな聖護院大根は、煮物に適しており、ことことと柔らかくなるまで煮ても煮崩れせず、だしの旨みを十分に吸って、口に入れるととろりととろけます。とろける食感といえば、冬に葉の内部にぬめりが出てくる九条ねぎの、ゼリーのような舌触りも秀逸で、鍋料理に欠かせません。繊細な甘みを持つ小かぶは、葉までおいしくいただけます。栽培に手間のかかる海老芋は、里芋の仲間で最も美味と讃えられ、炊き合わせやお正月の雑煮でおなじみです。料亭の秋は松茸料理がお目当てのお客様が多いのですが、冬になるとかに料理が人気を博します。日本海のずわいがには、オスは松葉がに、メスはせこがにと呼ばれ珍重されます。刺身、焼き物、柔らか煮などで供される鮑は産地や種類によって旬の時季が異なり、エゾアワビは冬、クロアワビは夏が美味といわれます。料理の脇役として活躍するのが柚子やすだち。「竹茂楼」のぽん酢はすだち、橙、かぼすなどの柑橘類を三、四種ほどブレンドし、酢も加えた特製の味です。お取り寄せもできます。

Kyoto Cuisine Restaurant竹茂楼Takeshigero

本店 竹茂楼
結婚披露宴

竹茂楼の
おとりよせ

こだわりの逸品を揃えたオンラインショップ。
大切な方へのご贈答にもおすすめです。

お料理教室

伝統の京懐石をご家庭でも簡単にお作り
頂ける〝コツ〟を調理長がお教えします。

美濃吉
アイス

さっぱりさわやか、和菓子のような
アイスクリームができました。

Instagram@minokichi.official

京懐石 美濃吉

Copyright © Minokichi All Rights Reserved.
〒605-0032
京都市東山区柚之木町 353-18
Copyright © Minokichi All Rights Reserved.