Scroll

氷片をかたどった涼味で

暑気払いを

美濃吉旬だより

京都上賀茂産 賀茂茄子田楽、万願寺唐辛子焼き浸し
6月

旬の素材がもつ味わいを存分に引きだす今が旬 京料理の逸品

初夏の風物詩であり、祇園祭の時季の料理として親しまれている「賀茂茄子田楽」。繊細で緻密な肉質で、加熱をするととろけるような食感になるのが魅力です。皮を縞目にむいた賀茂茄子は多めの油で揚げ焼きにし、伝承の二色の炊き味噌をぬって香ばしくあぶり、けしの実と黒ごまをふります。焼いて甘みを引き出した「万願寺唐辛子焼き浸し」を添えて供します。

  • 賀茂茄子 伏見唐辛子

  • 木の芽

  • しろ菜

4月~6月

京都では桜が散ると筍の季節がやってくると言われます。竹藪の土の中からすくすくと伸びる姿が龍に似ていることから、筍には「龍孫」という別名もあります。甘く上品な味わいの京筍は木の芽和え、木の芽焼き、若竹煮、土佐煮、筍ご飯などで楽しみます。筍と木の芽(山椒)は出合いもん。京都では、お互いの持ち味を引き出し、活かし合う相性の良い素材を出合いもんと呼んで愛でるのです。春の象徴の桜を名前に冠した桜鯛は、三月から六月にかけて水揚げされる真鯛の、この時季だけの呼び名。産卵のため雌はほんのり桜色になり、雄は白い斑点が現れ桜の花びらのように見えるため、桜鯛と呼ばれるようになりました。「竹茂楼」の祝いの宴や結婚式には天下一品と賞賛される明石の桜鯛が卓を彩ります。春から夏の京野菜は花菜、しろ菜、伏見・万願寺唐辛子、賀茂茄子など美味尽くし。中でも愛らしさと風格を併せ持つ賀茂茄子は肉質が緻密で甘く、茄子の中でも格別の味わいを誇ります。家伝の炊き味噌を塗った賀茂茄子の田楽は、「美濃吉」に代々伝わる逸品です。

Kyoto Cuisine Restaurant竹茂楼Takeshigero

本店 竹茂楼
結婚披露宴

竹茂楼の
おとりよせ

こだわりの逸品を揃えたオンラインショップ。
大切な方へのご贈答にもおすすめです。

お料理教室

伝統の京懐石をご家庭でも簡単にお作り
頂ける〝コツ〟を調理長がお教えします。

美濃吉
アイス

さっぱりさわやか、和菓子のような
アイスクリームができました。

Instagram@minokichi.official

京懐石 美濃吉

Copyright © Minokichi All Rights Reserved.
ORA 一般社団法人 大阪外食産業協会 Copyright © Minokichi All Rights Reserved.