竹茂楼ブライダル スタッフより~お客様の声と旬の情報~

日本の文化でおもてなし

2008年09月30日

先日ご紹介しましたが、

週末に外国の方々のパーティーが行われました。

日本の文化に触れていただこうということで、

芸舞さんの踊り img_0204.JPG (写真はリハーサルの様子です)

六斎念仏 img_0221.JPG (獅子が出てきました!)

竹太鼓 img_0230.JPG img_0231.JPG (迫力に圧倒されます)

の演出でおもてなしです(*^_^*)

外国の方々はもちろん、日本人の私達でも、

これだけの演出を一度に目にする機会はほとんどないので、

スタッフにとっても貴重な経験となりました。


9月の婚礼より

2008年09月28日

朝晩が少しずつ冷え込むようになりましたね。

この時期は昼と夜の温度差が大きいので

体調を崩されることも多いようです。

皆様お気をつけください。

さて、

今回は9月にあった婚礼の一部をご紹介します。

 img_0202.JPG ← 席次表冊子です。

このひとつのアイテムだけでもおふたりのこだわりが感じられますよね。

このようなペーパーアイテムも最近は手作りされる方が増えてきています。

 img_0186.JPG ← こちらはウェルカムボードです。

和装をモチーフに作られていて、とても素敵です。

真ん中の「寿」の下にはおふたりのお名前と記念日が描かれていて、

ゲストの方々もカメラにおさめておられました。

そして、会場装花です。

img_0179.JPG img_0185.JPG

 ↑ 高砂花にも卓上花にも、竹が使われています。

和の雰囲気にもとてもよく合ってますね。

カラークロスとのコーディネートもおふたりらしさを表現できるポイントです。

以上、9月の婚礼よりご紹介いたしました。


六斎念仏

2008年09月24日

昨日は「秋分の日」でした。

「昼と夜の長さが同じになる日」ともいわれていますし、

これからだんだん日が暮れるのが早くなってくるんでしょうね。

さて、

この週末、あるパーティーをお受けしているのですが、

その席で行われる催し物が『六斎念仏』。

京都では祇園ばやし、獅子と蜘蛛の戦いなどを想像される方も多いと思います。

鉦や太鼓ではやし、念仏を唱えながら踊る民俗芸能で、

国の重要無形民俗文化財の1つなんですが、

調べてみると、

YouTubeに動画がアップされていました(*^。^*)

『六斎念仏』と聞いてピンとこなかった私ですが、

動画を見て「あぁ~、これのことか!」とわかりました。

ご存知ない方は是非一度ご覧になってみてください。


お月見の風物詩

2008年09月19日

気候が穏やかになり、少しずつ過ごしやすくなってきましたね。

この週末も多くのお客様がお越しになる予定です。

さて、先週14日は「中秋の名月」でしたね。

お越しになられたお客様とは少しお話をしましたが、

お月見の風物詩といえば何を想像されますでしょうか?

「月見だんご」「すすき」といったものがよく出てきますが、

竹茂楼では「里芋」を飾っています。

 2008919.JPG 2008919up.JPG

調べてみると、他にも枝豆や栗などの作物をお供えする習慣もあるようです。

秋はいろいろな作物の収穫時期です。

ついつい『食欲の秋』に走ってしまいますが、

たまには月を見上げて一句詠んでみるのも風流ですね。

   秋風に

    たなびく雲の

      絶え間より

   もれいづる月の

      影のさやけさ

、、、とはいえ思いつかないので、 百人一首から引用しました(^_^;)


9月試食会♪

2008年09月15日

毎月恒例の試食会。

昨日も多くのお客様にお越しいただきました。

松茸や秋茄子、秋刀魚など 

秋の食材をたくさんとりいれて、調理長に特別懐石をつくってもらいました。

また、蒲焼にすることの多い鰻は、

今回は白焼きでお召し上がりいただきました。

来月も12日(日)に予定しておりますが、

事前にご予約をいただければ、他の日でもご用意させていただきます。

是非一度、竹茂楼自慢の味をご堪能ください。


時価1億円!?

2008年09月11日


 | HOME | 



竹茂楼 / 京都市左京区粟田口鳥居町65
TEL 075-771-4185 FAX 075-761-1890
Copyright © 2006- MINOKICHI,INC all rights reserved.