竹茂楼ブライダル スタッフより~お客様の声と旬の情報~

結納③~結納の時期・日柄~

2008年06月21日

梅雨で湿度は高いし、気温も高いとどうしようもないですね(-_-;)

今からこれだと真夏にはどうなってしまうのか。。。

皆さん、夏バテしないようにお気をつけください。

さてさて、今回は結納の時期についてです。

結納の時期は一般的に結婚式の3ヶ月~半年前といわれています。

しきたりを重視するなら、大安吉日の午前中を選びますが、

決まりがあるわけではないので、

両家の都合のよい日、都合のよい時間にすることが多いようです。

「仏滅は一番悪い日といわれているので、それ以上は悪くならない。良くなるだけ。」

という考えで、仏滅にされる方もおられます。

結納から結婚式までの期間に男性側は女性を受け入れる準備をし、

また女性側は嫁ぐための準備をするわけです。

準備が整うのならひと月前でも構わないんですが、

精神的な心の準備期間(特に女性側のご両親)が必要だと思います。

結婚式の日柄も同じですが、周囲の同意を得られるのならいつでも問題ありません。

『常に周りへの気配りを忘れない!』

これさえ覚えておけばきっとうまくいくはずですよ。


 | HOME | 



竹茂楼 / 京都市左京区粟田口鳥居町65
TEL 075-771-4185 FAX 075-761-1890
Copyright © 2006- MINOKICHI,INC all rights reserved.