竹茂楼ブライダル スタッフより~お客様の声と旬の情報~

6月試食会♪

2008年06月15日

今日は毎月1回行われる試食会でした。

この試食会のための特別な献立で本格的な京懐石をお召し上がりいただいたのですが、

皆様から「とてもおいしかった」「お腹いっぱいになった」「○○さんにも食べてもらいたい」などのお声をいただきました。

ありがとうございました。

ちなみに、今回は

 ・鯛木の芽寿し

 ・鯛や鱧のお造里

 ・赤飯

 ・若鮎おどり揚

 ・賀茂茄子などの多喜合

 ・名物 鰻かば焼き

 ・黒みつプリン   、、、などなど。

ここには書ききれませんが、

定番のものから季節を感じさせるものまで

京懐石美濃吉の味を堪能していただけるような献立でした。

書いているだけでお腹がなってしまいそうです、、、(*^。^*)

また来月にも試食会はありますし、

8月末にはブライダルフェアも行う予定です。

今回都合があわなかった方も是非お越しくださいませ。


結納①~結納って何?~

2008年06月12日

お伺いする質問の中に、

「結納ってしないといけないんですか」

「結納ってそもそも何ですか」

という結納に関するものがよくあります。

そこで、これから何回かにわけて結納について書いてみようと思います。

参考になればいいのですが。。。

結納とは、結婚の確約の儀式。婚約式。両家が親類となって「結」びついたことを祝い、贈り物を「納」め合うということをいい、一般的には新郎家から、新婦家へ、お金と縁起物の品を納める。結納は通常、公の場でなされることはないので、あくまで両家の間の私的なものだが、結納によって「結婚をします」という約束を正式に交わしたことになる。

             (フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

、、、なんて書くと、堅苦しく感じてしまいますね(^_^;)

最近では、格式張った結納は行わず、

新郎新婦の両親や家族と一緒に食事会のみされることも多いようです。

竹茂楼でもお顔合わせの食事会でご利用いただくことがよくありますが、

実際に結納をされた方々からは

「気持ちの区切りがついた」

「結婚するんだという実感がわいた」

などのお声をお伺いします。

あまり難しく考えず、

これから夫婦になるふたりが互いの家族を紹介しあい、

ご両親に感謝の気持ちを表すイベントと考えてみてはいかがでしょうか。


1月のご披露宴より~お客様の声~

2008年06月11日

梅雨入りしてから、どんよりした天気が続きますね。

さて、1月にご披露宴をされたO・Yご両家様より、お声をいただいたのでご紹介します。

”試食会でお伺いした際の従業員の方々の丁寧な対応とおもてなし。若主人から伝わってきた料理に対する誠実な姿勢。伝統的な雰囲気はもちろんですが、それ以上に従業員の方々のそれぞれの業務に対する姿勢に好感を持ち、竹茂楼様に決めさせていただきました。

ここに決めて本当に良かったです。楽しかったです。料理が良いだけ、サービスが良いだけ、雰囲気が良いだけでは、これだけ楽しめなかったと思います。来てくださった皆さんが喜んで帰ってくださいました。”

また今後ご披露宴をされる方へのメッセージも頂戴いたしました。

”招待した方をもてなすような式をしたい方にオススメ。

鏡開き、祝舞はオススメです。いい記念になりますし、来ていただいた方々にも楽しんでもらえます。”

たくさんご意見いただき、ありがとうございます。

これからも従業員一同、皆様に喜んでいただけるサービスを心がけます。

末永くお幸せに。


料理重視

2008年06月09日

最近お客様とのお話の中で

「ゲストの方においしい料理を食べてほしい。」

というご意見をよくお伺いします。

お越しいただいたお客様に、おいしい料理を食べていただきたい。

それは私たちスタッフも同じ思いなんです。

献立は季節によってもご予算によっても変わりますが、

例えば、、、

img6.jpg

↑披露宴でご用意した御飯「名物鰻炭火焼 南魚沼産コシヒカリ」です。

鰻の蒲焼は竹茂楼の名物で、背開きにして裂いた後、竹串にて串打ちし、一度白焼きをしてから、鰻専用の蒸し器である、いわゆる「蒸篭」にて約30分蒸し上げた後、昔ながらの「秘伝のタレ」を用いて、紀州備長炭にて丹念に焼き上げたものなんです。

披露宴だけではなく、通常の昼懐石や夜懐石でもご用意しているので、

毎日いい香りに食欲をそそられているスタッフも多いんですよ。。。

おふたりのご希望にできるかぎり対応しますので、お気軽にご相談くださいね。


一秒の言葉

2008年06月08日

昨夜は大雨でしたね。

雨音を子守唄にお休みになられた方も多かったのではないでしょうか。

休憩中、ネットを見ていて、『”幻のCM”リメークし復活』のニュースが目に留まりました。

     「はじめまして」

     この一秒ほどの短い言葉に、

     一生のときめきを感じることがある。

     「ありがとう」

     この一秒ほどの短い言葉に、

     人のやさしさを知ることがある。

23年前の放送後、結婚式でスピーチに使いたいとの声もあったそうで、今では教材にも使用されているようです。

結婚式でのスピーチは悩まれる方も多いようですが、

こういう詩を引用されてのスピーチもいいですよね。

結婚式では

     「おめでとう」

     この一秒ほどの短い言葉に、

     ○○○○○○○○ことがある。

と付け加えられるのも素敵だと思います(*^_^*)


« 前のページへ | HOME | 



竹茂楼 / 京都市左京区粟田口鳥居町65
TEL 075-771-4185 FAX 075-761-1890
Copyright © 2006- MINOKICHI,INC all rights reserved.