竹茂楼ブライダル スタッフより~お客様の声と旬の情報~

祝舞について②

2008年04月13日

前回の続きです。

①ではご披露宴に通常、

芸・舞妓さん方が3名来ていただくことが多いと言う所までお話しました。

今回はご披露宴で具体的に、どんな事をされるのか、お話していきます。

一般的なご披露宴の場合、

開宴→主賓の挨拶→鏡開きやケーキカット→乾杯と続きます。

この乾杯の後、芸・舞妓さんを呼んでいただいている場合、

一品目を召し上がっていただきながら早速、京舞の鑑賞となります。

ご披露宴の場合は、特におめでたい題材を扱った「祝舞」と、

よく知られているもの(祇園小唄等)や季節の題材などから、

計2~3曲踊られます。

その後、いったん控え室に戻られ、再びご披露宴会場へ。

今度はご宴席に入っていただきますので、

新郎新婦はじめ皆様のお席へご挨拶・お酌へ回られます。

もちろんお時間の許す限り、お話・お写真等自由にお楽しみいただけます。

よく、「祝舞=踊るだけ」と思われがちですが、

芸・舞妓さんの宴席の滞在時間は約1時間~1時間半ぐらいとなりますので、

その間ご列席の皆様も退屈されることもありませんし、

特に遠方からのゲストの方には、素晴らしい記念となります。

また、新郎新婦のいらっしゃらないお色直し中なども、

芸・舞妓さんがお客様のお守りをしてくださいますので、

安心してお色直しに行っていただけます♪

ちなみに芸・舞妓さんを呼ぶと、花嫁さんが霞んでしまうのでは?!

と仰る方がいらっしゃいますが、決してそんな事はございません!!

やはり当日の主役は新婦様です!!

芸・舞妓さんがいらっしゃると、お席がより華やかになり、

お客様同士の会話などもより弾むということでございます。

さて、今日は祝舞の内容と、ご宴席中の事について、

簡単にお話させていただきましたが・・・

まだまだこれだけではございません。

もう1つ、とっておきの演出がございます。

それはまた、次回お話させていただきますので、

それまでお楽しみに☆


 | HOME | 



竹茂楼 / 京都市左京区粟田口鳥居町65
TEL 075-771-4185 FAX 075-761-1890
Copyright © 2006- MINOKICHI,INC all rights reserved.