minokichi
冬の味覚
数ある冬の味覚の王様といって蟹を挙げる方も多いですね。

11月6日の解禁日より、当店でも蟹をコースの中心に置いております

その中でも、お薦めのお料理はやはり炭火焼でしょう。
調理師がお客様の前で焼かせていただく、
炭火焼は香り、旨味共に格別の味わいでございます

また、三日以上前からご予約をいただければ、
幻といわれる「間人蟹」をご用意させていただきます

間人(たいざ)港は京都府丹後にある小さな漁港です。
ここは小さな漁港であるために、
大きな漁船はなく、小さな船4隻程で漁をしています。
小さな船の為、漁港の近くで蟹を獲り、
直ぐに漁港に戻りますので、
鮮度は全国でも最高の鮮度を誇り、

元々の蟹自体の旨味も強く、最高の味わいでございます
夏の味覚 鮎
出世魚という言葉があります。
成長につれて名前が変る魚です。

出世魚の代表といえば、
ハマチ→ブリ
でしょうか。

成長につれて名前が変っても出世魚に含まれない魚がいます。

まずは、当店名物のうなぎ。
稚魚の時には「シラスウナギ」と呼ばれます。
大きくなると「ウナギ」と呼ばれますが、
出世魚には含まれて居ません。

同じように鮎も名前が変わりますが
出世魚には含まれない魚です。
稚魚の際は「氷魚(ヒオ)」成長して「鮎(アユ)」となります。
調理食材としてみると氷魚→若鮎→小鮎→鮎→子持鮎。

冬から初春に掛けて。
氷魚は釜揚げが一般的ですが、
当店では酢味噌和えや釜炊き御飯などで
ご提供させていただいています。

初夏の頃。
氷魚から成長して若鮎、小鮎と呼ばれる時季です。
この時季では塩焼きや天ぷらなどで
骨までお召し上がりいただきます。
独特の香りが高く、風味が強いのもこの時季です。

梅雨の頃から夏の盛りに掛けて、
大きくなった鮎は塩焼きやセゴシにてお召し上がり頂きます。

その後、夏の盛りを越え、初秋を向かえ、
子持ち鮎の季節になります。
子持ち鮎は塩焼き、甘露煮が絶品となります。

初夏から初秋に掛けて。
当店自慢の川魚料理の代表の鮎料理。
どうぞご用命ください!
秋の味覚 松茸
日本料理としても
秋の味覚の代表はやはり松茸になるでしょう。

京料理としては松茸の土瓶蒸しが絶対にお薦めです!

夏の味覚の鱧。
この鱧は夏の間はまだ脂が乗っておらず、
あっさりとお造りで頂きます。
秋になると、この鱧も脂が乗ってきて、
お造りよりも、松茸の土瓶蒸しに入る事で、
その旨みが松茸の風味を引き立たせてくれます。

松茸の香り
鱧の旨み
二つを調和させる特製のお出汁
その風味を引き立てる酢橘。

是非当店でご賞味下さい

copyrights 2006- 2007 (C) MINOKICHI,INC all rights reserved.